本文へスキップ

TEL. 0761-24-2361

〒923-0919 石川県小松市殿町2丁目18番地7

労働問題

当事務所(小松かがやき法律事務所)が1995年に開所してから力を入れてきた分野の一つが「労働問題」です。一口に「労働問題」と言っても、内容は様々です。また、ある一つの事案であっても「労働者」と「雇用主(事業主、法人)」では、問題の捉え方は違ってくるでしょう。

当事務所は、現在、石川県の南加賀(小松市、加賀市、能美市、川北町)にて一番長く業務を続けている法律事務所です。「労働者」と「雇用主(事業主、法人)」両方からのご相談を受け付けているため、事案を色々な立場の考え方から検討できるのも強みの一つです。当事務所が蓄積してきた労働問題に関するノウハウが、あなたのお悩みを解決する手助けになれば嬉しいです。

 労働者

家には寝るために帰るだけといった過酷な状況で闘っている方。逆に、働きたいのに働けない状況に追いやられている方。仕事中にケガをして職場復帰が難しく悩んでいる方など、ご自身での解決が難しい問題を抱えている場合は、弁護士に相談してみませんか?以下はご相談の一例ですので、お困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

  • 労働条件変更(賃金引下げ、降格など)
  • 人事異動(配置転換、出向、転籍)
  • 解雇、退職強要
  • 労災
  • 賃金や残業代の不払い、遅配
  • パワハラ、いじめ、嫌がらせ
  • セクハラ
  • マタハラ、パタハラ
  • 長期休暇(育児、介護、病気やケガ)からの復帰後の処遇

 雇用主(事業主、法人)

労働基準法をはじめ、日本の法律では「雇用主(事業主、法人)は強い立場だから、労働者(雇用される側、従業員)を守らなければ」という考え方がなされます。職場環境や働き方は、労働者の生活や心身に大きく影響するため、雇用主の方は、当然厳しい目を向けられます。現在の雇用状況や事業所での問題等、ご不明な点についてはお気軽にお問い合わせください。また、問題社員への処遇等、合理的な理由があってのことでも対応方法に不備があると、思わぬところで責任を問われるのが雇用主です。ご心配な点があればご相談ください。以下は、ご相談例です。

労働者(雇用される側、従業員)の生活、心身を守るために

  • 雇用条件や契約に不備がないか確認したい
  • 労働者が職場でケガをした(労災にあたるのか)
  • 社内勉強会をしたい

業務上の悩み

  • 問題のある社員を解雇したい
  • 退職した職員から残業代を請求された
  • 職員からセクハラについて相談を受けた

上記の労働問題に限らず、雇用主(事業主、法人)の方からのご相談をお受けしております。以下は一例です。
契約関係「昔の契約書を使い回しているけれど内容に問題がないか心配」「新規契約先を獲得!とりあえず契約様式をインターネットから探して来たけれど使えるの?」等
債権回収「取引先が売掛金を支払ってくれない」等
その他「顧客とトラブルになっている」「社有車が事故を起こしてしまった」「社員から個人的に離婚の相談を受けているので力になってあげたい」等
顧問契約

 その他

当事務所では、個人、法人、事業主の方からのご相談をはじめ、労働問題に関する講演や講義も行っています。ご依頼の際は、まずお電話にてお問い合わせください。TEL:0761-24-2361(平日9:00〜17:30)

小松かがやき法律事務所

〒923-0919
石川県小松市殿町2丁目18番地7

TEL 0761-24-2361
FAX 0761-24-6867

小松かがやき法律事務所 http://www.komatsukagayaki-law.jp/  電話(平日9:00〜17:30) 0761-24-2361